本文へ移動

お知らせ

新型コロナウイルスの影響による休業や失業でお悩みの皆様へ

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、休業や失業等により生計を維持するために一時的に生活福祉資金の貸付が必要となる世帯の方々に対し、緊急小口等の特例貸付を受け付けております。

◆申請期間 令和4年3月31日(木)まで

◆申込先 大郷町社会福祉協議会 022-359-2753

【厚生労働省特設ページ】https://corona-support.mhlw.go.jp/index.html

◆主に休業された方向け(緊急小口資金)◆
大郷町に住所を有し、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯(申請は生計中心者が行うことができます)
※今回の特例措置では新たに償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができることとしています。

〇貸付金額 
10万円以内【以下のいずれかに該当する場合は20万円以内の貸付も可能です】
ア 世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいるとき。
イ 世帯員に要介護者がいるとき。
ウ 世帯員が4人以上いるとき。
エ 世帯員にⅰ又はⅱの子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき。
  ⅰ 新型コロナウイルス感染症防止策として、臨時休業した小学校等に通う子。
  ⅱ 風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子。
オ 世帯員の中に個人事業主等がいること等のため、収入減少により生活に要する費用が不足するとき。
カ 上記以外で休業等による収入の減少等で生活費用の貸付が必要な場合

〇措置期間 1年以内 ※令和4年3月末以前に償還時期が到来する予定の貸付に関しては、令和4年3月末まで延長。

〇償還期限 2年以内

〇貸付利子・保証人 無利子・不要 ※償還期限経過後は元金に年3.0%の利子がかかります。

申請に必要な書類等
①本人確認 申請者(生計中心者)
運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等
②通帳 申込者(生計中心者)
七十七銀行、仙台銀行、ゆうちょ銀行、農協のいずれか
③印鑑
通帳登録の印鑑
④減収が確認できる書類等
給与所得者【減収前後(数か月程度)の給与明細書、預金通帳等】
個人事業主【減収がわかる帳簿、売上明細、記録等】
⑤住民票
世帯全員分、本籍地や続柄、世帯主記載が省略されていないもの。  ※マイナンバーは記載しないでください。
※その他必要に応じて追加で書類の提出を求めることもあります。


◆主に失業された方等向け(総合支援資金)
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し日常生活の維持が困難となっている世帯(申請は生計中心者がおこなうことができます)
※今回の特例措置では新たに償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができることとしています。

〇貸付金額
単身世帯  15万円以内/月
2人以上世帯  20万円以内/月

〇措置期間 1年以内 ※令和4年3月末以前に償還時期が到来する予定の貸付に関しては、令和4年3月末まで延長。

〇償還期限 2年以内

〇貸付利子・保証人 無利子・不要 ※償還期限経過後は元金に年3.0%の利子がかかります。

〇その他 
・償還期間中、お住まいの地区の民生委員との関わりが必要となることがあります。
・お申し込みの際に、自立支援機関による支援を受けることに同意いただく必要があります。(相談支援の検討、実施等にあたり必要な情報を共有します。)
 【自立支援機関とは】
 生活困窮者自立支援法に基づく、住宅、仕事、生活などの相談窓口です。大郷町の方は「南部自立相談支援センター」が相談窓口となります。



注意事項
下記に該当する方はどちらの制度においても貸付対象外となります。
1  生活保護を受給中の世帯(生活保護申請中も含む)
2  この特例貸付(総合支援資金)をすでに借り入れている世帯
3  借入申込の書類に記載されている内容が事実と異なる場合
4  新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入が減少したことが確認できない場合
5  債務整理中の世帯、弁護士等に債務整理を依頼している世帯
6  申請から償還完了時まで世帯構成員に暴力団員がいる世帯 
7  外国籍の方で、在留資格が「一般永住者」または「特別永住者」でない場合  など
社会福祉法人
大郷町社会福祉協議会
〒981-3502
宮城県黒川郡
大郷町粕川字東長崎31-7
TEL:022-359-2753
FAX:022-359-4896
----------------------------------
社会福祉協議会
----------------------------------
TOPへ戻る